JINDAI SPORTS

神大スポーツ

神大スポーツは、
神奈川大学が発信するスポーツ情報媒体です。
課外活動で活躍する団体・個人の舞台裏と、
携わる指導者の想いを
WEBや紙面にて展開し紹介しています。

関東大学テニスリーグ7部に所属する神奈川大学硬式庭球部は、8月17日(水)から9月19日(月)に開催された2022年度関東大学テニスリーグに出場した。
リーグブロック戦を突破し、決勝トーナメントへ駒を進めたものの、2回戦の一橋大学戦で9対0のストレート負けを喫し、敗退した。
北岡主将は「自分たちの課題を知る良い機会になった」と本大会を振り返り、リーグ昇格には届かなかったが、最後まで全力プレーで健闘した部員を称えた。

サーブを武器に流れを作る

同大会では、強烈なサーブで相手選手を翻弄し、ポイントを獲得する展開が目立った。針田選手は「自分たちの強みであるサーブで相手を崩し、試合の流れを掴むことができた」と話す。部内には体格に恵まれた選手が揃っており、高い打点から振り下ろしたスピードあるサーブが多くの対戦相手を苦しめた。
練習から、攻撃の起点となるサーブ精度を重点的に強化したことで、サービスゲームでポイントを稼ぎ、勝利を掴むことができるチームへと成長した。
※サービスゲーム:自分がサービス権をもつゲーム

メンタルが勝敗を分ける

スピード感ある試合展開で相手との駆け引きが必要なテニスは、体力のみならず、メンタルを酷使するスポーツである。
北岡主将は『スマッシュを決めることよりも、ミスショットでいかに相手にポイントを取られないかが大事です』と語り、どのような状況でもミスをしないメンタルの強さが勝敗の分かれ道になるという。
一流選手は「テニスの経験値だけでなく、日頃の生活の態度も大切」と話した針田選手。挨拶がしっかりでき、部内規律を重んじて行動できる選手が、人間力を向上させる。体力、メンタル、人間力を育み、一流選手を目指す。

後輩たちへ託す昇格への道

北岡主将・針田主務は本大会で大学最後のリーグ戦を終えた。
4年生は、新型コロナウイルス感染症の影響で、練習や試合が思うように出来ず、苦しい時期を過ごしたが、チームを鼓舞し、部員を纏め上げた。
最後の試合を終えて、北岡主将は「目標としていた昇格に届かなく悔しい思いをしたが、楽しくプレーすることができた」と語り、針田選手は「神奈川大学の名を背負ってプレーできたのは素晴らしい経験でした」と、神奈川大学硬式庭球部の一員としての4年間やり遂げたことを誇らしく語り、来年こそはリーグ昇格を成し遂げてくれると信じて、後輩たちにバトンを託した。

取材後記
『飛翔』というスローガンを掲げる硬式庭球部。
練習ではチーム一丸となってテニスに取り組み、時にはアドバイスをしながらお互いを高め合う姿があった。
先輩が作り上げたチームを引き継ぎ、リーグ昇格へ邁進する硬式庭球部の活躍に期待したい。

関東大学将棋連盟B1級に所属する神奈川大学将棋部。昨年度に春秋2季連続で昇格を果たし、この勢いのまま、今年度はA級昇格を目指して稽古に励んでいる。
今季の意気込みについて、山中翔太部長(法学部3年)は「昨年度の昇格は先輩方の力によるところが大きかったが、本年度も更なる高みを目指し、A級昇格を達成したい」と抱負を語った。
ここ数年は新型コロナウイルス感染症の影響により、対面活動に制限があったが、五家主将は「オンラインミーティングやネット将棋を活用することで、モチベーションを高めながら経験を積んでいった」と話す。限られた環境の中でも、工夫しながら地道な努力を重ねたことが昨年の昇格に繋がった。

※関東大学将棋連盟リーグ戦はA級、B1級、B2級、C1級、C2級の5つの階級で編成される

同部は『粘り強い将棋』を特徴に勝ち抜いてきたチームである。
大会では神奈川大学が一番長く対局しており、持ち時間を使い果たすまで考え抜いた一手が、勝利への展開に繋がっていくという。
山中部長は「B1級はこれまで以上にレベルの高い勝負になる。持ち味である粘り強さで立ち向かい」と意気込んだ。

将棋の魅力は、老若男女が同じ土俵で対戦出来る競技であり、『世代を超えた真剣勝負』ができることだと五家主将は語る。「将棋のおかげで様々な世代と交流の輪が広がりました」と、課外活動以外にも将棋クラブの指導者として将棋に携わり、小さな子供やご年配者の方との対局を通じて多くの交流が生まれる楽しさを話した。
最後に「スマートフォンの将棋ゲームなどで気軽に始められるので、より多くの方に将棋を楽しんで欲しい」と想いを語った。

<取材後記>
今回インタビューを受けてくれた山中部長は入部時には未経験者であったが、現在は部長になるまでに至った。神奈川大学将棋部には努力次第で活躍出来る環境があるという。今後も粘り強い頭脳戦をみせる将棋部の活躍に期待したい。